薫友会について

薫友会は、達人塩田剛三先生に学んだ澤村秀雄師範(養神館8段)が養神館本部から支部認可を受け、澤村支部として設立した養神館合気道の修行団体です。

次の3つを目的として、江戸川道場、足立道場の各道場にて週1回のペースで合気道の練習をしています。

 ・合気道で身心を鍛える(努力と健康)
 ・みんなと仲良くする(感謝と調和)
 ・社会に役立つ人間の育成(社会貢献)

稽古(練習)について

薫友会の創立者である澤村秀雄先生の意に従い、現在は喜多山 司師範(支部長)が稽古指導にあたっています。

稽古は「江戸川道場」「足立道場」の2か所で行い、基本的には一般部(大人)、少年部に分かれて稽古しています。合同で行う稽古もあります。また支部道場相互の訪問稽古もできます。

稽古体系として、剣の理合を活かした本格的な合気道を目指しています。
 初心者:基礎体力と基本の動きを重点とした稽古
 上級者:武器術を伴った稽古

設立について


1991.11.4 塩田館長をお迎えした演武会

1977年(昭和52) 澤村秀雄師範支部長認可を受ける
1991年(平成3) 薫友会合気道連盟を設立
1991年(平成3) 江戸川支部10周年記念演武会を開催
2010年(平成22) 養神館合気道 薫友会 と改名